トップページ > 日遊協のCSR活動 > 社会とのかかわり

日遊協のCSR活動

社会とのかかわり

日遊協では、明るく楽しいレジャーであるために、また皆様に信頼され支持されるパチンコ・パチスロ産業となるために様々な活動を行っています。
日遊協憲章「三つの心」に基づき、より良い社会づくりに努めます。

マークは他団体と協力している活動です。


子どもの車内放置撲滅キャンペーン

子ども車内放置撲滅キャンペーンホール駐車場などでの子どもの事故、中でも車内放置による事故防止のため、「子どもの車内放置撲滅キャンペーン」を実施しております。日遊協をはじめとしたホール5団体での全国共通キャンペーンで、事故防止のための様々な取り組みを行っています。

電話相談機関 リカバリーサポート・ネットワーク 支援活動

リカバリー・サポート・ネットワークぱちんこ依存問題解決への取り組みとして、電話相談による早期介入と、問題からの回復支援を行っているリカバリーサポート・ネットワークを支援しています。

パチンコ・パチスロ エッセー・絵手紙コンクール

パチンコ・パチスロ エッセー・絵手紙コンクール作品を広く一般公募し、パチンコ・パチスロについて語るきっかけづくりを目的としています。主催は日遊協で、後援は、全日本遊技事業協同組合連合会、日本遊技機工業組合、日本電動式遊技機工業協同組合、全国遊技機商業協同組合連合会、回胴式遊技機商業協同組合、一般社団法人遊技場自動サービス機工業会の6団体です。

パチンコ・パチスロセーフティーネット 遊技産業不正対策情報機構

パチンコ・パチスロセーフティネット 遊技産業不正対策情報機構遊技産業における不正排除を目的とする機構です。すべての不正を一掃して、全国のどのホールでも、みなさまに安心して遊んでいただくために設立されました。業界関係者だけでなく、ファンの皆様からもインターネットを利用した不正情報等の投稿をいただける仕組みを作っています。

セキュリティー対策委員会

複数の業界団体で構成されるセキュリティー対策委員会は、遊技機や設備機器等への悪質巧妙化する不正手口に対してセキュリティー対策を確立し、遊技産業の健全な発展を図ります。
構成している団体は日遊協のほか、全日遊連(ホール団体)、日工組(パチンコメーカー団体)、日電協(パチスロメーカー団体)、全商協(パチンコ販社団体)、回胴遊商(パチスロ販社団体)です。

中古機流通協議会

中古遊技機について流通の安全、取扱いの円滑化を図り、流通の健全化に寄与するための諸施策を検討しています。
業界横断組織の日遊協のほか、全日遊連(ホール団体)、日工組(パチンコメーカー団体)、日電協(パチスロメーカー団体)、全商協(パチンコ販社団体)、回胴遊商(パチスロ販社団体)で構成されています。

登録資格審査委員会

遊技機販売業者の業務適正化を促進する目的でつくられ、販売業者の新規登録、登録の更新、登録の取り消し及び効力の停止について審査し、決定します。日遊協(業界横断組織)、日工組(パチンコ遊技機メーカーの団体)、日電協(パチスロ遊技機メーカーの団体)、全商協(パチンコ販社業者の団体)、全日遊連(ホール団体)からの委員と学識経験者で構成されています。