このエントリーをはてなブックマークに追加

News

2018年

2018年1月26日 女性活躍推進フォーラム2017 in 東京 第4回が開催されました

2017年

2016年

2015年

女性活躍推進フォーラムとは

2015年に女性活躍推進法が成立し、その活躍が期待されています。遊技業界にも多くの女性が働いていますが、日遊協会員企業に所属する女性社員自らが、“キャリアプランニング”と“ワークライフバランス”という2つのテーマを通して、業界課題の抽出や改善策を模索し、さらに働きやすい職場環境を作るための場と、それを後押しする学びの機会を用意しました。2020年まで続くロングプロジェクトです。

会長あいさつ

日遊協では人材育成委員会が主導して、会員企業の次世代を担う人材育成を目的の一つとした遊技産業マネジメントカレッジを開催していまいりました。その実績をもとに、日本で今求められている女性活躍に焦点を当てた、「女性活躍推進フォーラム」を開催いたします。

2016年4月からは「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(略称:女性活躍推進法)」が施行され、企業も大きく変わらざるをえません。遊技業界としても、女性がより生き生きと社会で活躍出来るよう、働き方の改革が大きな宿題となってまいりました。

それを実現させるためには、様々な角度で様々な概念を取り入れ、他の産業に負けない優秀な強い人材を育成しなければなりません。その象徴になるものとして、2015年度から女性活躍にテーマを絞り、女性社員が主役となる学びと創造の場を用意しました。

当フォーラムに社員を派遣してくださる会員企業のみなさまに感謝するとともに、ここから生まれた様々な提案をぜひ自社でご活用いただければと思います。

また、参加した女性社員のみなさまには、半年間のフォーラムで得た女性同士の出会いを大切にして、これからのキャリアにつなげ、活気ある業界を作り上げていっていただきたいと思っています。

2020年まで続くこのフォーラムの様子は、当サイトに随時アップしていまいります。女性社員が今思う、リアルな企画をご覧いただき、会社運営のヒントとしていただければ幸いです。

一般社団法人 日本遊技関連事業協会 会長 庄司 孝輝

三つの目的

女性活躍推進フォーラムには、1.風土形成の後押し、2.実務の後押し、3.知の後押しという大きな三つの目的があります。

1つめの「風土形成の後押し」は、自社に持ち帰って提案できる企画の作り方と、それをディスカッションして調整し、社内でプレゼンできる力をつけていただくことです。

2つめの「実務の後押し」は、サービス業として、あるいは社会人として役に立つ資格取得のサポートや、日常の仕事の場で必要となる知識をセミナー形式で提供します。

3つめの「知の後押し」では、会社組織を超えた人のネットワーク作りと、そこから生まれる様々な刺激を受け取っていただきます。

三つの目的を達成するためのパッケージ

一連のプログラムを通して、三つの目的達成のバックアップをします。参加者同士の名刺交換から始まるコミュニケーションに始まり、初対面のメンバーとテーマを決めるために行うグループディスカッションや、講師を招いての様々な実務講座の開催。そして、ネットワークを作り上げる交流会まで、常に知と感覚が刺激される時間となります。

これまでに実施された実務講座

ロジカル・シンキング
仕事の中で報告・連絡・相談・企画・コミュニケーションと、ありとあらゆる場面で役に立つロジカル思考を学びます

レジリエンス セミナー
今注目度の高いコンテンツ、同世代の女性が少ない職場環境にあって、他者に頼らず自分でモチベーションをコントロールできる術を学びます

人材育成術
チームで動く職場であれば、部下、後輩、メンバーを育成指導する場面は、生涯繰り返される大変重要なミッションです。人材育成の基本を学びます

印象度アップ接遇
「人は見た目が9割」という本が評判となっているように、印象度のアップは接客や対人折衝において非常に有用です。その理屈と方法を学びます

プレゼンテーション、パフォーマンスアップ
人前で話す場面の有無に関わらず、相手に「伝える」のではなく「伝わる」スキルは、職種に拠らず実務に直結します。自社役員の前でも、伝えたい企画を堂々とプレゼンテーションできるようになるための術を学びます

女性活躍推進フォーラムの概要

対象者 「女性正規社員」で下記条件を満たす方
1.入社2年目以上10年未満 2.現場もしくは営業よりの方 3.すべての回に参加を予定できる方 4.初参加
主催 日本遊技関連事業 人材育成委員会
内容 1. 風土形成の後押し(ディスカッション、プレゼン)
2. 実務の後押し(資格取得サポート、実務セミナー)
3. 知の後押し(ネットワーク形成、交流会)
その他 ・事前課題を一緒に検討し、報告を受ける派遣担当者(上司等)を設けてください
・最終回は、派遣担当者様にもご参加いただき、成果を確認していただきます
・実務セミナーは外部企業を招聘予定です。セミナー内容は変更になることもあります
・最終回での企画発表後は、社内での提案機会を設けていただいたり、企画採用検討をいただければ幸いです

女性活躍推進フォーラム2017 in 東京

開催概要

開催日程 第1回 2017年5月26日(金)、第2回 7月14日(金)、
第3回 10月13日(金)、第4回 2018年1月26日(金)
会場 東京都中央区 日本橋三洋グループビル
参加企業 アサヒディードABCオータジャパンニューアルファ善都東和産業日拓ホームニラクNEXUSピーアークホールディングス平成観光マルハンメッセ・ゴー安田屋(あいうえお順)
プログラム

第1回 5月26日(金) 13:00スタート
・名刺交換会、アイスブレイク
・実務講座
  「ロジカルシンキング ~考えている「フリ」をやめる習慣づくり」
  講師:守屋 擁氏 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・女性活躍調査概要報告
  2015年の当フォーラム最優秀賞企画から派生した
  人材育成委員会&広報調査委員会コラボ企画「女性活躍調査2017」。
  日遊協会員企業の女性活躍状況をアンケートした結果、現状と課題や
  様々な取り組みの具体例が浮き彫りとなった。
  4月19日に発表されたばかりの調査内容が報告された。
  報告者:広報調査委員会 佐藤聖子、
  キラめきPプロジェクト・リーダー 森谷文子(ニラク
・ディスカッションテーマ設定
・懇親会

第2回 7月14日(金) 13:00スタート
・前回振り返り
・実務講座
  「レジリエンス」セミナー
  講師:代表取締役 佐々木 拓哉 株式会社ヒューマンブリッジ
・グループディスカッション
・次回課題設定
・懇親会

第3回 10月13日(金) 13:00スタート
・前回振り返り
・実務講座
  「人材育成術セミナー ~上手な褒め方・叱り方~」
  講師:桑野 麻衣氏
・グループディスカッション
・次回課題設定
・懇親会

第4回 2018年1月26日(金) 12:00スタート
・前回振り返り
・実務講座
  「印象度アップ講座~多くの人から好印象と思われるために~」
  講師:大熊 三恵 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・最終ディスカッション
・プレゼン準備
・プレゼンテーション
・表彰式
・懇親会

成果報告 最優秀賞

最優秀賞 Bグループ
55 プロジェクト


女性社員の離職率を 5年後に5%減らすことを目標に、産休・育休制度について新入社員研修等で十分知ってもらった上で、①産休・育休に入る前の講習 ②休職中のこまめな連絡 ③復職前の講習などの実施により、仕事への復帰をスムーズにしようという企画。このような復職フォローの強化によりキャリア継続を図り、離職率の減少を目指す。

池尻 有花(オータ)/ 工藤 えり(ジャパンニューアルファ)/ 中島 友惠(ピーアークホールディングス)/
関谷 奈菜(平成観光)/ 髙橋 親知佳(安田屋

成果報告 発表資料

Aグループ:「長く働ける職場環境」
正社員の雇用はあるが、長期雇用につながらない現状がある。各企業に職場環境に関するアンケートを実施し、指数によるランキング評価を行い、強み弱みを明確化させる。また上位企業へのインタビューを公開することで、環境整備の底上げにつなげる。

殿村 愛美(ABC)/ 保岡 笑(東和産業) / 中村 千佳(NEXUS)/ 山田 亜希子(メッセ・ゴー

Cグループ:「他法人との『シェア会』開催」
入社3年未満の離職率の高さに注目し、年3回の情報交換やコミュニケーション講座など他法人と合同開催するプログラム。対象となる年次の女性社員および各社の人事担当者が参加することで、離職率低下につなげる企画を提案。

山岡 涼音(善都)/ 軍司 桃子(東和産業)/ 戸田 麻里奈(ニラク)/ 村岡 美奈(マルハン)/ 北瀬 杏奈(安田屋

Dグループ:「女性定着率の向上」
残業が多く、加えて人員不足の傾向が見られる当業界だが、仕事とプライベートの両立を目指し「楽しく人生を謳歌することを大切にしたい」と考えた。これまでの退職理由から、将来ビジョンにつながる学びの場や女子会(懇親会)の必要性が浮き彫りとなったため、これらを企画、提案。

古畑 由菜(アサヒディード)/ 鈴木 小百合(ABC)/ 長嶋 よしえ(オータ)/ 安里 円(東和産業)/ 安田 弥生(日拓ホーム

女性活躍推進フォーラム2017 in 九州

開催概要

開催日程 第1回 2017年6月15日(木) 13:00~18:00、第2回 9月14日(木) 13:00~18:00、
第3回 12月14日(木) 12:00~18:00
会場 福岡県遊技会館
参加企業 一富士興業、 クレイン、 新富商事タイラベストビート玉屋テンガイ西の丸フェイスグループプローバマルハン夢コーポレーションユーコー(あいうえお順)
プログラム

第1回 6月15日(木) 13:00スタート
・名刺交換会、アイスブレイク
・実務講座
  「ロジカルシンキング ~考えている「フリ」をやめる習慣づくり」
  実務講座趣旨:仕事の中で報告・連絡・相談・企画・コミュニケーションと、
  ありとあらゆる場面でロジカル思考は役に立つ
  講師:守屋 擁氏 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・ディスカッションテーマ設定
・懇親会

第2回 9月14日(木) 13:00スタート
・前回振り返り
・実務講座
  「印象度アップ講座~多くの人から好印象と思われるために~」
  講師:大熊 三恵 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・ディスカッション
・次回課題設定
・懇親会

第3回 12月14日(木) 12:00スタート
・前回振り返り
・実務講座
  「人材育成術セミナー~上手な褒め方・叱り方~」
  講師:桑野 麻衣氏
・最終ディスカッション
・プレゼン準備
・プレゼンテーション
・表彰式
・懇親会

成果報告 最優秀賞

最優秀賞 Eグループ
長く働ける職場作りのために 〜産休・育休・介護と仕事の両立支援〜


目的は、ライフスタイルの変化によっておこる離職を防止し、長く働ける職場を構築すること。背景として、社員、管理者ともに「産休・育休・親の介護」と仕事との両立支援への理解度が低く、イメージを持てておらず、相談体制も不十分であることを挙げた。企画のスケジュールは、①管理職を含めた全社員をターゲットに実態把握のためのアンケート調査を実施 ②リーフレット、ガイドブックなどにより両立支援制度を周知・浸透 ③管理職を含めた社内研修の実施――としている。効果として、両立支援について相談しやすい職場風土が形成されると予測。

直井 志保(一富士興業)/ 白石 有夏(タイラベストビート)/ 服部 真理(ユーコー

成果報告 発表資料

Aグループ:「アイデアカード」導入提案
現場では、慣れた作業をこなすような停滞感に囚われがちで、さらに自分の考えや意見を出すきっかけもなかなかないと分析。個々のモチベーション向上・成長に繋げる目的で、全従業員が参加するアイデアカード投稿からアイデア実現までの仕組みを作り運用する。

上田 美香(一富士興業)/ 袖 智美(クレイン)/ 石橋 亜紀(タイラベストビート)/ 中島 杏奈(夢コーポレーション

Bグループ:AHS(アミューズメントホールスタッフ)ストレス度診断導入
離職率を下げるため、離職につながる要因を早期に発見する年に一度のストレス度診断を実施。パチンコ業界ならではの設問も加え、従業員の悩みを把握、結果に応じて面談などを行う。悩みを1人で抱え込まない環境を作り、離職を決断する前に相談できる環境を整える。

百崎 千夏(新富商事)/ 亀田 美紀(玉屋)/ 関根 友(テンガイ)/ 塚腰 佳子(フェイスグループ

Cグループ:やりがいのある職場環境を作る
業界全体で人材確保が難しい状況を踏まえ、アンケートを実施。働きやすい職場環境が重要であるとの結果より、定期交流会の開催や相談窓口の設置、ストアクオリティ向上のための接客・カウンターコンテストを実施するなど提案。接客など目に見えないものへの評価を視覚化することで、従業員のモチベーションやスキルの向上を図る。

藤原 麻奈美(テンガイ)/ 渡邊 理江(西の丸)/ 琵琶 朝美(マルハン)/ 髙木 麻美(ユーコー

Dグループ:子育てしやすい会社へ
離職率低下と職場環境整備による雇用数の拡大を目的に、育児者が抱える問題を軽減するサポート環境づくりを提案。男女の育児休暇取得促進や選択勤務制度・在宅ワークの導入、病児保育手当支給などを実施し、みんながHAPPY!!となるような子育てしながら働きやすい会社を目指す。

竹下 くるみ(一富士興業)/ 田中 留美(玉屋)/ 齋藤 美枝(西の丸)/ 金子 結(プローバ

女性活躍推進フォーラム2016 in 東京

開催概要

開催日程 第1回 2016年5月26日(木)、第2回 2016年7月8日(金)、
第3-4回 2016年10月13日(木)14日(金)、第5回 2017年1月27日(金)
会場 東京都中央区 日本橋三洋グループビル
参加企業 愛和食品ABCオータサンキュージャパンニューアルファジャパンネットワークシステム善都テラスホールディングス東和産業日進日拓ホームニラクNEXUSピーアークホールディングス平成観光マルハンメッセ山佐産業(あいうえお順)
プログラム

第1回 2016年5月26日(木) 13:00~18:00
・名刺交換会、アイスブレイク
・実務講座
  「女性のためのロジカルシンキング ~女性×ロジカル=∞の方程式」
  講師:守屋 擁氏 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・グループディスカッション
・先輩社員講演
  湊奈津希 ジャパンネットワークシステム株式会社
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第2回 2016年7月8日(金) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・セミナー
  「ワークライフバランスの本質とは」
  講師:コスモピア 田子みどり代表
・グループディスカッション
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第3回 2016年10月13日(木) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・実務講座 プレゼンテーション パフォーマンスアップ
・グループディスカッション
・先輩社員講演
  女性活躍推進フォーラム
  森谷 文子 株式会社ニラク
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第4回 2016年10月14日(金) 11:00~18:00
・実務講座
  「アナウンサーに学ぶプレゼンの技術」
  講師:三浦 由起子 現役アナウンサー&スピーチトレーナー
・グループディスカッション
・先輩社員講演
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第5回 2017年1月27日(金) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・実務講座
  「印象度アップ実践講座」
  講師:桑野 麻衣 愛されマナーコンサルタント
・グループディスカッション
・プレゼン準備
・プレゼンテーション
・表彰式

成果報告 最優秀賞

最優秀賞 Bグループ:W+(ウーマンプラス)
パチンコ業界で働く女性のための研修制度 ~女性管理職を増やすことで長く充実して働ける環境を作りたい!~


グループメンバーが所属する企業内の女性従業員にアンケートを取り、実態を把握した上で具体的プログラムを提案。遊技台や機械トラブルなど、女性が苦手とする分野のスキルアップをはじめ、モチベーション維持やマネジメントなど管理職にふさわしい知識を得るための研修制度構築を提案。

佐藤綾香(東和産業)/ 小林美和(NEXUS)/ 小倉綾夏(平成観光)/ 岡田歩惟(山佐産業

成果報告 発表資料

Aグループ:PPP(パチンコ・プリンセス・プロジェクト)
女性社員の活躍向上でパチンコ業界のイメージアップと業績アップを実現させる。女性だけのプロジェクトチームを立ち上げ、各社へのアンケートとヒアリングによる実態調査とニーズを拾い出し、定期的な交流会や勉強会に発展させていく。

大楠友理(愛和食品)/ 櫻井詩織(善都)/ 戸田有希乃(ニラク)/ 加藤千晃(ピーアークホールディングス)/ 﨑田亜美(メッセ

Cグループ:0~6歳未満の未就学児童の子どもを持つ女性社員への支援制度
働く意欲のある女性従業員の産休育休後の職場復帰支援制度を構築。働き方の多様化を進め、自由選択を可能とする社内体制構築も進める。女性社員の復職率増加、女性管理職の増加、退職率低下を代表的な指標とし、結果を企業イメージ向上につなげていく。

杉山理々(ABC)/ 小原澤敦子(テラスホールディングス)/ 宮城彩奈(日進)/ 久保麻里菜(日拓ホーム)/ 甲斐絵里子(マルハン

Dグループ:働く女性!絆で繋がる!高め合う!
Facebookを利用したコミュニケーションツールを確立し、仕事とプライベートに対する充実度、満足度を5年後までに10%増加させ、離職率の減少も目指す。社内コミュニティからスタートし、日遊協会員企業へ、最終的には遊技業界の総合コミュニティへと成長させる計画。

新井唯(オータ)/ 時直子(サンキュー)/ 原田穂乃佳(ジャパンニューアルファ)/ 湊奈津希(ジャパンネットワークシステム

女性活躍推進フォーラム2016 in 九州

開催概要

開催日程 第1回 2016年9月9日(金)、第2回 2016年12月8日(木)、第3回 2016年12月9日(金)
会場 福岡県遊技会館
参加企業 アサヒディード九州エース電研新富商事玉屋テンガイ西の丸フェイスグループプローバユーコー(あいうえお順)
プログラム

第1回 2016年9月9日(金) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・セミナー
  「ワークライフバランスの本質とは」
  前田竜哉委員長
・グループディスカッション
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第2回 2016年12月8日(木) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・グループディスカッション
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第3回 2016年12月9日(金) 11:00~18:00
・オリエンテーション
・実務講座
  「印象度アップ講座~多くの人から好印象と思われるために~」
  講師:大熊 三恵 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・グループディスカッション
・プレゼン準備
・プレゼンテーション
・表彰式

成果報告 発表資料

Aグループ:メンタルヘルスケアの導入
従業員の心身の健康を維持することでモチベーションと定着率を向上させる。メンタルヘルスケアの専門部署「ぼいすこねくと」を置き、産業医と提携する。個人との連絡ツールをつくり、気軽に相談できるようにし、定期的な交信も行う。

黒木 奈美(九州エース電研)/ 赤瀬 真由美(テンガイ)/ 田中 和美(西の丸)/ 渡邉 沙貴(ユーコー)/

Bグループ:有給アニバーサリー休暇
業界のイメージアップ、採用力強化、早期離職を減少させる。社員は希望する記念日(本人や家族の誕生日、結婚記念日、ペットの誕生日等、何でもOK)を年間1日、アニバーサリー休暇(有給)として取得する。

政岡 里佳(アサヒディード)/ 宮原 渚(新富商事)/ 田中 優子(玉屋)/ 有津 里美(フェイスグループ

女性活躍推進フォーラム2015

開催概要

開催日程 第1回 2015年9月11日(金)、第2回 2015年11月13日(金)、第3回 2016年2月10日(水)
会場 東京都中央区 日本橋三洋グループビル
参加企業 ウエスタンコーポレーションABCオータグローリージャパンニューアルファジャパンネットワークシステム善都千歳観光東和産業日進日拓ホームニラクNEXUSピーアークホールディングスヒカリシステムプローバプロテラス平成観光マルハン(あいうえお順)
プログラム

第1回 2015年9月11日(金) 13:00~18:00
・オリエンテーション、名刺交換会、アイスブレイク
・セミナー
 「接遇検定合格サポート&ビジネスシーンに合わせた印象度アップ」
 講師:大熊三恵氏 デライト・コミュニケーションズ株式会社
・グループディスカッション
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第2回 2015年11月13日(金) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・先輩社員講演
 渋谷恵香氏
 株式会社マルハン 人材開発部採用育成担当チーフ
・セミナー
 「売上をアップするための色彩心理セミナー」
 講師:三浦まゆみ氏
 カラーコンサルタント、キャリアコンサルタント
・グループディスカッション
・振り返り、次回に向けての課題整理 アンケート

第3回 2016年2月10日(水) 13:00~18:00
・オリエンテーション
・セミナー
 販促、広告制作のワークショップ・セミナー
 「魅力的な広告をつくるために」
 講師:青山聖氏 アーク・フロント株式会社
・グループワーク
・グループ発表
・先輩社員講演
 杉本志保里氏
 ピーアークホールディングス株式会社 ピーアーク草加 副店長
・表彰式

成果報告1

最優秀賞Eチーム「キラめきPプロジェクト」
業界内外のイメージギャップを働く女性の姿を通して払拭し、業界ブランディングを図るための広報企画が受賞しました。

企画概要
業界の内と外ではイメージのギャップが存在する。それは正しい情報が伝わっていないからだ。社会に対して、働く女性の姿を通じてマイナスイメージの払拭とプラスイメージのブランディングを図る。

活動内容は
1.女性社員を全面に押し出した情報発信・広報
2.業界の女性活躍推進に関連した情報を収集し、データを企業に配信、企業の人財マネジメントをサポート
3.女性社員と企業とで、交流と教育を目的としたフォーラムを年1回開催する

効果として、ダイバーシティの促進、従業員の企業に対するロイヤリティの高まり、社員のスキルアップなどが期待できる。

メンバー紹介
森谷文子(ニラク)リーダー / 小椋理恵(ジャパンニューアルファ)/ 沖優子(プローバ)/ 高橋純子(千歳観光

成果報告2

その他のチームの発表企画

Aグループ:女性の活躍が一層進むために必要なキャリアプランニング提案
男女に関係なく「社員の仕事を評価するしくみ作り」を、新たな評価シートを軸に展開。仕事内容を充分に理解しマイルストーンを置くことで、本人の働きやすさはもとより客観的評価も可能となる。

入野谷 華枝(マルハン)/ 鈴木 麻衣(オータ)/ 森月 綾美(善都

Bグループ:女性が長期的にキャリア形成できる社会づくり
政府の動向、女性管理職の国際比較、現状把握を経て、女性の離職率の高さが管理職誕生を阻む要因と分析。メンター制度と360度評価を導入し、阻害要因解消を目指す。

宮城 彩奈(日進)/ 川上 静佳(ヒカリシステム)/ 大西 沙樹(東和産業)/ 湊 奈津希(ジャパンネットワークシステム

Cグループ:立ち上がれパチジョ!!~ぱちんこ業界から女性が働きやすい風土を作ろう~
ホール業務以外でも、会社に貢献できるスキルを持つ女性社員を育成するための研修を定期的に行う。会社に制度ばかり求めるのではなく、自分たちから「会社のために取り組む」ことで、女性社員のワークライフバランス両立に協力的な風土を形成していく。離職率低下、採用コスト削減、作業能率アップで残業代削減が可能に。働きやすい業界イメージの定着効果が見込まれる。

稲葉 圭(プロテラス)/ 杉本 志保里(ピーアークホールディングス)/ 高橋 佳澄(平成観光)/ 藤森 由紀(日拓ホーム

Dグループ:全社員いきいき活躍Project
職場復帰時の職場環境変化への対応や、本人と上長との状況確認も含め、休暇中面談を行うプロジェクト。さらに、自社の制度理解のため、全従業員にチェックテストを実施する。有能な人材の退職、流出を防ぎ、会社全体の生産性向上を目指す。

村上 友美(NEXUS)/ 松本 直子(ウエスタンコーポレーション)/ 井上 美鈴(ABC)/ 佐々木 文子(グローリー

女性活躍推進アンケート

日本遊技関連事業協会の会員企業を対象に、2016年に初めて行われた「女性活躍推進アンケート」は、人材育成委員会(委員長 / 前田竜哉)が2015年に主催した「女性活躍推進フォーラム」第一回最優秀賞受賞チームの「キラめきPプロジェクト」を元に企画されたものです。
企画段階からチーム全員が実行メンバーに加わり、アンケートの告知活動にも参加しています。
店舗や企業で活躍する女性たち自身が、当協会の女性活躍の実態をまとめ、会員間での情報共有を図るとともに、遊技業界全体の活性化と女性活躍推進を大きな目的として自ら動き出したことに大きな意義を見ます。今後も継続的に実施し、当協会の女性活躍の状況をご報告していく予定です。

平成28年度 女性活躍推進アンケート調査結果[PDF]
平成27年度 女性活躍推進アンケート調査結果[PDF]

© 2018 Nichiyukyo. All Rights Reserved.