トップページ > お知らせ > 【人材育成委員会】第13回人材育成フォーラムを開催

【人材育成委員会】第13回人材育成フォーラムを開催

実施年月日:2014年12月5日

 

人材育成委員会では、人事担当者の交流を促す活動として、平成26年12月5日に日遊協本部会議室にて、『第13回人材育成フォーラム』を開催いたしました。

 

フォーラムには会員企業の15社から、人事担当者等21名(内、女性5名)が参加されました。『2016年新卒採用はどう乗り切る!?』をテーマに開催しました。(株)リクルートキャリア 新卒採用本部部長 小出毅氏の講演から始まり、パチンコ企業向け新卒採用支援ツールの紹介、グループに分かれてテーマに沿ったディスカッションを2回メンバーチェンジして行い、全体で情報共有を行いました。そして最後には交流を深める懇親会が開催されました。

 

 

≪参加者からの声≫

「厳しい状況下で思いを共にし頑張られている方との交流は楽しいです。」
「色々な考え方に触れることで、忘れていたことも多くありました。」
「気になっていたが、面と向かって聞けなかった企業情報などを共有することができた。
「こういった機会があることで、競合でもある他社様と気軽に情報交換ができるようになってきたこと。」
「業界への目や、採用活動、定着についての難しさなど、悩みどころが同じであった。」
「女性採用で悩んでいたので、いろいろな人事担当の方とお話ができ良かったです。」
「同じような問題点を保有している点。」
「自社で利用していないSNSツールの良いところや問題点などを聞く機会があり、参考になった。SNSツールについては今後、検討していかなければと思う。」
「同業他社の人事部の方々との交流が初めてで、貴重な経験となりました。ピーアークの依田さんがエネルギッシュで、若く魅力のあるクリエイターは採用活動の大きな武器と感じました。」
「2016年の選考開始時期が遅れることによる、各社の取り組み。」
「LINEを使って内定者のフォローをしている企業が多数あったので、自社でも行っていきたいと思いました。ツールとして使用していくにあたり、メリット、デメリットも伺うことができたのでとても参考になりました。」
「ホール企業として、メーカー様や、その他同業でも異なる人事担当者と交流ができることです。」
「同業界で他社様が考えていること、悩んでいることを共有したり解決することで、自社ででそうなことや考えを持つことができました。また、16卒の対策に関してもより具体的にイメージができ、勉強になりました。16卒採用でやりたいことが明確になりました。」
「16採用に向けて、同じような課題を他社様も抱えている事を知れたこと。その中で意見交換ができたのはプラスになりました。採用選考フローにおいてもヒントを得られた。」
「色々なやり方があると分かり、良かったです。SNS系のことも気になっていた為、話が聞けて良かったです。」
「アルバイト採用やゲーム形式の導入など、長年蓄積している武器が多社にあること。
「他社担当者の方々、それこそ私よりも年齢が下の方はしっかりとした採用プラン、思いをお持ちであると思いました。それを言葉にして相手に伝えるといったところは、新米の私には良い勉強、刺激になりました。」
「皆様が多くの取り組みをされていたので、刺激になりました。」
「色々な地域の方と交流させていただき考え方、地域性など参考になることが多かった。同世代の考え方や言葉が、学生は一番共感できると感じた。」