トップページ > 東日本大震災についての取組み > 業界の取組み

東日本大震災についての取組み

業界の取組み会員企業等復興支援活動

業界の取組み

東日本大震災による今夏の電力供給不足に対する対応について

 東日本大震災により、今夏の東北電力管内の供給電力が需要電力に対して不足すると予想されていることから、当業界では被災地域を含む電力管内ではあるが、夏場の電力需要ピーク時の瞬間使用最大電力を削減するため、ホール5団体で下記の通り合意した。

 

  1. 趣旨
    東北電力管内において、今夏に電力供給不足が予想されることから、東北電力管内のホールにおいては、20%以上の電力削減を行う。
  2. 実施期間
    平成23年7月1日から9月30日まで
  3. 実施事項
    (1)ホールは月2回以上(平日)の輪番休業を実施し、10%を削減する。
    (2)照明及び空調については13%以上の削減となるよう以下の項目を組み合わせて実施する。
     ア 外壁照明の終日消灯
     イ ネオン、看板、電光掲示板等照明の消灯
     ウ ホール内の間接照明を点けない。
     エ 自動販売機の照明を24時間消灯
     オ ホール内の照明を50%間引き
     カ エアコンの設定温度を2度上げる。
    (3) その他LED照明への変更等に努める。

※東北電力管内:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県

平成23年6月15日

 

東日本大震災による今夏の電力供給不足に対する対応について

 東日本大震災により、今夏の東京電力管内の供給電力が需要電力に対して不足すると予想されていることから、当業界では、夏場の電力需要ピーク時の瞬間使用最大電力を削減するため、4月25日開催のホール5団体代表者会議で下記の通り合意した。

 

  1. 趣旨
    東京電力管内において、今期に電力供給不足が予想されることから、東京電力管内のホールにおいては、25%以上の電力削減を行う。
  2. 実施期間
    平成23年7月1日から9月30日まで
  3. 実施事項
    (1) ホールは月3回以上(平日)の輪番休業を実施し、15%を削減する。
    (2) 照明及び空調については13%以上の削減となるよう以下の項目を組み合わせて実施する。
     ア 外壁照明の終日消灯
     イ ネオン、看板、電光掲示板等照明の消灯
     ウ ホール内の間接照明を点けない。
     エ 自動販売機の照明を24時間消灯
     オ ホール内の照明を50%間引き
     カ エアコンの設定温度を2度上げる。
    (3) その他LED照明への変更等に努める。

平成23年4月25日

 

東日本大震災に伴うホール団体合意の改定について

 さる、平成23年3月28日に合意した、東日本大震災に伴うホール4団体合意の各合意事項については、4月25日開催のホール5団体代表者会議の協議の結果、ホール4団体は、以下の内容に改定することとし、全国のホール経営者に協力を要請することといたしました。

  1. 被災県(「被災県」とは岩手県、宮城県、福島県、茨城県の4県をいう。以下同じ) 及び東京電力管内においては、ネオンや屋外広告塔等の終日消灯を当分の間、延長して実施する。なお、それ以外の地域においては、各地域の対応とする。
  2. 被災県及び東京電力管内においては、広告宣伝は、当分の間、自粛を延長する。
    なお、実施内容については、各地域の対応とする。
  3. 被災県及び東京電力管内においては、遊技機の入替申請書等の各種申請については、各都道県警察の業務の状況を鑑み、それに適切に対応するため、個別に協議・要請していくこととする。
  4. 献血活動に積極的に参加する。
  5. パチンコ・パチスロ業界を挙げて、被災地への義援金活動に取組むこととする。

平成23年4月25日

【ダウンロード】震災に伴う省エネ対策ポスター

 

平成23年東日本大震災に伴う協力お願い=第2報=

 3月11日に発生しました東日本大震災は、日を追うごとにその被害は甚大で、深刻な状況となっております。原子力発電所も大きな被害を受けている中で、日遊協ではすでに電力節減対策について各会員にお願いを申しあげているところですが、つきましては、下記の取り組みにつきましてもご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

 昼間帯の消灯への御協力に加え、夜間帯におきましても、業務上の必要な個所を除き、施設内照明、ネオンサインその他についても可能な限り消灯するなど、電力節減対策の徹底について御協力をお願い申し上げます。

日本遊技関連事業協会
会長 深谷友尋

【ダウンロード】震災に伴う省エネ対策ポスター