トップページ > 日遊協について > 日本遊技関連事業協会とは

日本遊技関連事業協会とは

一般社団法人 日本遊技関連事業協会(日遊協)の前身は、平成元年7月にパチンコ・パチスロ産業界の公益法人として発足した社団法人 日本遊技関連事業協会です。平成20年施行の新しい公益法人制度により、26年4月に一般社団法人に移行しました。


日遊協の発足以来の旗印は、業界の「健全化」「近代化」「適正化」そして「社会的地位の向上」です。日遊協は、ホール、遊技機メーカー、販売商社、設備機器メーカー、景品卸、その他遊技業に関連した企業が参加する、唯一の業界横断的組織でもあります。


業界相互の連携を図り、行政当局と協議し、新時代に相応しいパチンコ・パチスロ産業の基盤確立のため活動しています。そうすることで、国民みんなが楽しめる明るいレジャーとしてのパチンコ・パチスロ遊技を提供し、社会に貢献していきます。


日遊協憲章
三つの心

育む心
私たちは誇りをもって大衆娯楽の開発・提供にあたります。

勤しむ心
私たちは企業市民として、環境保全や社会貢献に努めます。

慎む心
私たちは節度を保ち、常に社会との調和に心を配ります。

 

 

※PDFをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。