セガサミーホールディングス ウクライナから日本への避難民受け入れ

セガサミーホールディングス(里見治紀代表取締役社長グループ CEO)は、グループ会社のフェニックスリゾートと連携し、ウクライナからの避難民をフェニックス・シーガイア・リゾートで受け入れる方針を決定した。

同グループは、ウクライナにおける人道的危機に対して寄付活動の他、3月2日に政府が発表した「ウクライナから日本への避難民受入れの推進」を受けて、シーガイアでの避難民の受け入れについて協力することとした。同施設はリゾート施設として、長期滞在にも適していることなどから実現した。現時点での宿泊施設は、ラグゼ一ツ葉およびコテージ・ヒムカを予定している。また今後、政府から要請があった場合には、飲食を含む宿泊施設や就業機会等の提供の他、追加支援策について引き続き検討していく予定。

詳しくはこちらから

目次
閉じる