NEXUS 文部科学大臣からスポーツ功労団体として表彰を受ける

NEXUS グループ(星野敏取締役グループ代表執行役員)は、2021年夏に東京で行われた第三十二回東京大会で、優れた成果を挙げた選手のスポーツ活動に対し、多年にわたり支援を続け日本の国際競争力の向上に貢献した実績が認められ、文部科学大臣から令和三年度のスポーツ功労団体表彰を受けた。

▲星野正史取締役社長執行役員(左)とNEXUSフェンシングクラブ和田武真支配人(右)

受章した星野社長は「今回、このような栄誉ある賞をいただき大変嬉しく思っております。2009年にNEXUSとしてフェンシングを立ち上げた際には、一名の選手所属からスタートしました。これまでの支援を通して、ロンドンで銀、東京で金と順調な成果を挙げられたのは、これまでの所属選手一人ひとりの日々の努力があってこその偉業です。選手が繋いでくれたNEXUS(絆)をこれからも大切にし、将来有望な社員のサポートを継続して参りたいと思います」とコメントした。

詳しくはこちらから

目次
閉じる