ジーピーエム 経済産業省「事業継続力強化計画」認定

ジーピーエム(有川裕之代表取締役社長) は、5月2日、経済産業省「事業継続力強化計画」の認定を受けた。

同社はかねてより「災害に強い経営基盤を確立して地域に役立つ企業」を目指し防災事業に取り組んでいたが、今春開催された日遊協九州支部パチンコ防災推進部会の勉強会を契機に認定取得へ整備を進めた。

同社によると「同計画は、認定を受けて終わりでなく、具体的マニュアルの制定や資材の整備等絶え間ない見直しが必要」と認識しており、「今後も災害に備え、社内で情報を共有して、社員一人一人のスキルを高めるとともに、平素の活動を通じ対外的に発信していく」としている。

事業継続力強化計画とは

中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が「事業継続力強化計画」として認定する制度のこと。認定を受けた企業は様々な支援策が受けられる。

ジーピーエムのウェブサイトはこちらから

目次
閉じる