真城ホールディングス 子どもの車内放置防止啓発活動で地元警察署に協力

真城ホールディングス(真城貴仁代表取締役社長) の経営するプレイランドキャッスル記念橋南店(名古屋市中区)では、子どもの車内放置防止啓発活動をより積極的に実施している。

そのきっかけとなったのは、8月20日の夜、名古屋市中区のコインパーキングに止めてあった車の中に4歳と7か月の子ども2人が放置されている状態で発見され、母親の内縁の夫が保護責任者遺棄で中警察署に逮捕さ
れた事件だ。中警察署では再発防止のため、近隣で大型立体駐車場を設備し営業する同店に、子どもの車内放置防止対策の呼びかけ依頼を行った。同店では、店内ポスターや遊技台の上部スクリーンに”車内放置は児童虐待”といったフレーズを織り込み、利用者に注意喚起を促す様々な取り組みを現在も行っている。

▲遊技台でもアピール
▲店内でも警察に協力して、利用客に注意喚起を促すポスターを掲出
目次
閉じる